Blog ブログ

死化粧とは?女性へのやり方や普段の化粧との違い

死化粧のやり方や家族がする場合の注意点など解説していきます。

死化粧とは

死化粧とは個人が穏やかで、自然な表情になるよう化粧を行うことです。
家族が亡くなり、ご遺族は悲しみの中で通夜・葬儀の準備へ取り掛かります。この儀式の際、故人が疲れ切った表情のままで、最後の別れを参列者と共に行うのは辛いものです。そんなことのないように行うのが死化粧です。
故人が穏やかで、自然な表情や顔色になることで故人の尊厳が守られ、ご遺族の心のケアにも繋がります。
ですが必ず行わなければいけないことではありません。
病院や葬儀社で行ってもらう場合、相応の費用もかかります。

死化粧の意義

ご遺体は水分の補給ができない為、急速に乾燥が進みます。この乾燥が肌の色に変化をもたらします。
乾燥のスピードを和らげることが死化粧の最も重要な理由です。
通夜前の段階では必要なさそうに思えても、葬儀の際は顔色が普段と全く違うことも多くあります。

死化粧を遺族が行う場合

死化粧を遺族が行うことももちろん可能です。
死化粧は故人を可能な限り、元気だった頃の姿に近づける事が重要です。
女性の場合、病院などですでに行っていることもありますが、そのお化粧が似合っていないことも多々あります。
ベビーオイルを使って1度化粧を落としてから再度お化粧をしても良いですし、上から重ね塗りで整うこともあります。
使うファンデーションは粉状のものではなく、液体状のものを使用してください。
液体状の物の方が保湿力が高い為、乾燥による肌の変化を遅らせることにつながります。
唇は特に水分量も多いので乾燥による色の変化が大きく表れます。ご生前使われていた化粧品を使用すると、よりその方らしく仕上がりやすくなります。

死化粧を遺族が行う場合の注意点

ご遺族が化粧を施すなら、故人の生前に近い姿が再現できることでしょう。
ただし、使用する化粧道具には注意が必要です。
ご遺体の場合、様々な感染症にかかっている可能性があります。
ご自分の普段から使っている化粧品を使用するのは、感染症のリスクが高い為避けましょう。
故人様のご愛用の物を使用した時は、ご遺族は使わず、形見として保管するか
死化粧用に100円ショップなどで化粧道具を揃え、使用後は廃棄した方が良いでしょう。

最後に

死化粧は決して、通夜・葬儀を行う前に義務付けられたことではありません。しかし、故人の表情を明るくする効果があり、故人の尊厳が守られ、ご遺族の心のケアへとつながります。
「せめて自分達で死化粧をしたい。」というご遺族もいらっしゃることでしょう。しかし、対象がご遺体である以上、普段とは勝手が違うこともあるかもしれません。この場合は無理せず、納棺師を依頼し要望を伝え、着せ替えもできるので任せた方が良いでしょう。